2007年04月20日

メタボリックシンドローム1 「死の四重奏」

■怖い動脈硬化

近年、先進国で心臓や脳の血管性疾患増加が問題になっています。  
心臓や脳の血管性疾患は、虚血性心疾患とよばれる「狭心症」や「心筋梗塞」、そして「脳出血」、「脳梗塞」は「癌」と並んで死亡原因の上位を占めています。

そして、狭心症や心筋梗塞、脳出血、脳梗塞 増加の原因には「動脈硬化」が深く関与しているのです。
posted by si at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリックシンドローム2 「死の四重奏」

■メタボリックシンドローム

動脈硬化の原因には、いくつもの危険因子が関わっています。

中でも内臓脂肪の蓄積は、動脈硬化を起こす基盤として重要なことがわかってきています。

内臓脂肪の蓄積をベースとして、そこに危険因子が加わり動脈硬化を起こしやすい状態を「メタボリックシンドローム」と名付け、これを一つの疾患として、診断の基準が設けられました。

(2005’4月)
posted by si at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリックシンドローム3 「死の四重奏」


■メタボリックシンドロームの診断基準

「メタボリックシンドローム」は、まず「腹部肥満」があることが条件になります。
ウエスト周囲径が、男性で85cm以上、女性では90cm以上。これは内臓脂肪面積が100平方cmに相当します。

それに加え、次の項目の内2つ以上当てはまる方がメタボリックシンドローム患者になってしまいます。
 
1.血液中の中性脂肪150以上、善玉コレステロール40以下
2.高血圧 最高130mmHg以上 、最低85mmHg以上
3.血糖値(空腹時)110以上

あなたは、当てはまっていませんか?


posted by si at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。