2007年05月26日

キレーション

キレーション療法

キレーションとは、EDTA(エチレンジアミン四酢酸)と呼ばれる合成アミノ酸をビタミンやミネラルと共に定期的に点滴する静脈点滴キレート剤を用いる治療療法をいいます。

キレーションは、EDTAが金属イオンをキール(カニのはさみ)のように掴みとり結合する性質から、キレーションという名前がついたと言われています。

EDTAキレーション治療は、有害金属を取り除く効果があり、抗酸化作用により血管を若返らせ、細胞を活性化する効果があります。

アンチエイジング医学の領域でキレーション治療が注目されていますが、その理由として、動脈硬化治療効果や有害金属除去による様々な疾患の予防と治療効果が期待できる点が挙げられます。

キレーション療法には、有害金属の体外への排泄、強力な抗酸化、血管内に老廃物の付着を防ぐといった作用があり、キレーションが用いられる主なキレーション療法はアンチエイジング(抗加齢)医療、心臓疾患治療、水銀中毒性の自閉症治療などです。


キレート剤によって、有害金属を除去することで、カルシウムやコレステロールの代謝機能を改善することが可能になるだけでなく、活性酸素の発生防止にも役立ち、血管内のごみを洗い流すことで,各臓器への血流が増し,臓器機能の改善が期待できます。

また、肌への血流が向上するため、角質代謝がよくなり、吹き出物やくすみ、くま等を改善することができるといわれています。
ラベル:キレーション
posted by si at 17:42| アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。