2007年05月07日

ホットフラッシュ 更年期

ホットフラッシュ(顔ののぼせ、ほてり)は、自律神経性更年期障害の代表的な症状です。

更年期障害は、性成熟期から生殖不能期への移行期(45〜55歳)の時期に生じる自律神経失調(じりつしんけいしっちょうしょう)症状と精神症状が相互に関係しあって起こる、不定愁訴(ふていしゅうそ)の総称です。

更年期になると、加齢に伴う卵巣機能の低下によって、卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲン)の量が減り、自律神経失調症を引き起こします。また、この年代の女性を取り巻く家庭や社会環境の変化からくる心理的ストレスが憂うつや情緒不安定などの精神症状を引き起こし、この自律神経失調症状と精神症状が相互に影響し合って、更年期障害の病状を複雑にしています。

ホットフラッシュは閉経女性の40〜80%に認められ、1〜数年間続き、長期にわたる場合もあります。そのうち治療を必要とするものは25%といわれ、ホットフラッシュ(のぼせ、ほてり)、発汗などを中心とする自律神経失調症状には、エストロゲンによるホルモン補充療法(HRT)や自律神経調整薬などによる薬物療法が中心になります。


posted by si at 14:49| 健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

キューサイヒアルロン酸コラーゲン

キューサイヒアルロン酸コラーゲン

コラーゲン
吸収力抜群の「コラーゲンペプチド」を使用。緩衝材(クッション)として衝撃を吸収します。

ヒアルロン酸
純度の高いヒアルロン酸を使用。潤滑油としてすべりをよくし、水分を保持します。

コンドロイチン
加齢とともに特に減少する、コンドロイチン硫酸Aを豊富に持つ豚由来のものを使用。弾力性と保水力を強化します。


コンドロイチン硫酸Aは、人間の体内で生成できる量が20歳頃から減少し、50歳になると約半分にも減少してしまうと言われています。

コンドロイチンはギリシャ語で「軟骨」という意味を持つ成分です。

ふしぶしを支えるクッションをつくっているのがコラーゲン。このコラーゲンに水分を補給しクッションの2つの成分を高めているのがコンドロイチンです。コラーゲンとコンドロイチンがともに協力し合うことで、外部からの力をしっかり吸収します。


コラーゲン、ヒアルロン酸、コンドロイチンをそれぞれ単体で摂るのではなく、3成分をバランス良く同時に、しかも継続して摂ることが大切です。
posted by si at 12:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

ヨーガ

「ヨガ」は精神統一の修行法の1つとして古くから人々に親しまれてきましたが、ダイエットはもちろん、心と体にメリットがとても多いのです。そんな「ヨガ」の魅力をたっぷりご紹介するブログです。


まず「ヨガ」について

「ヨガ」は海外のセレブ達はもちろん、いま多くの人々から注目を集めています。

ヨガはサンスクット語で「つなぐ」という意味をもちます。ヨガは肉体と精神を一体化させ、自分の体をコントロールすることができると言われています。

そもそもヨガは、ヒンドゥー教の修行のひとつとして発達し、一般的に知られている「ハタヨガ」は、「心」と「体」、「陰」と「陽」という相反するものをひとつに結びつけるという意味があります。そのため、呼吸法や瞑想が深く関わってきます。

ヨガで行う呼吸法や瞑想を実践することでその「波」を自然界の物と重ね合わせていくことがヨガの目的です。

呼吸法とポーズを体系化したヨガは「ハタ・ヨーガ」と呼ばれ、約800年前に生まれました。

ヨガは、その後1960年代後半から世界的なヨガブームが起こり、現在まで実にさまざまな形で注目されてきました。
ラベル:ヨーガ
posted by si at 11:43| 健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。